記事一覧
水虫よさらば!水虫をうつさないための心掛け

人がたくさんいる場所であれば、白癬菌は必ずやいるものと思っておきましょう。公共の場での行動こそが水虫と接触するかどうかの分かれ目となってきま...

2019年11月23日
糖尿病になると水虫に罹りやすくなる

日頃の食生活の不摂生などを原因として、糖尿病を発症する方が多くなっています。糖尿病患者は高血糖状態が持続されることとなります。そうなると白血...

2019年10月24日
足が臭い!もしかして水虫になる前兆?

汗臭いという言葉もあり、日本人が清潔好きで臭いをかなり気にしていることはドラッグストアやスーパーに並んでいる消臭剤や脱臭剤の数で分かるでしょう。ただ汗の臭いというのは本来はないもの、何しろ汗の大部分はただの水です。でも忙しい中でついつい出てきた汗をそのままに放置していたりしませんか。そうすると雑菌と...

2019年09月29日
水虫と間違えやすい症状に「皮膚カンジダ」というものがあります

水虫になったかもしれない、そんな時に確かにドラッグストアにも様々な薬は置かれています。でも一度は病院を受診して病名を特定してもらうことをオススメします。何しろ、かゆみなどの症状が良く似た間違いやすい病気というのは様々あるのです。白癬菌の活躍する高温多湿の夏は他の菌にとっても好条件の季節、更には汗もか...

2019年09月25日
しつこい水虫、その原因は生活環境

秋冬になって落ち着いたと思ったのに、また梅雨時期からかゆみなどの症状がぶり返してきたと言う方は多いでしょう。何しろ水虫の原因である白癬菌はカビの一種ですから、高温多湿環境こそが繁殖の条件となるのです。涼しくなると確かに目に見える症状は少なくなるかもしれませんが、一年を通じて患部には残っており増殖を続...

2019年09月23日
爪水虫をラミシールで撃退する!

角質増殖型水虫というのはかゆみはありません。でもかかとの角質がその名の通り増加するので、皮膚の表面に薬を塗っても内側まで浸透しにくい場合もあり、通常のラミシールクリームではなく更に浸透力の高いローションが使われることもあるでしょう。水虫の症状は感染部位によって異なり、その部分の状態や状況に合わせてピ...

2019年09月20日