公開履歴
きれいな足裏

水虫は白癬菌という真菌の一種が関係する病気です。人の体には免疫力があるからと、放っておいてもいつかは治るだろうと油断していてはいけません。何しろそれ以上のスピードで増殖していってしまうのが水虫の白癬菌で、あっという間に範囲が広がり、悪化していってしまいます。

そこで活躍するのが抗真菌薬です。使用することで白癬菌の細胞膜の合成を阻害してくれます。すなわちこれ以上は広がることなく、その薬を使い続けることでやがては完治します。放っておいても自然治癒はない水虫という病気、必ず抗真菌薬を完治するまで使い続けなければならないというわけです。

皮膚科などで水虫の薬として処方されることが多いのがケトコナゾールです。ケトコナゾールはニゾラールという一般名の方でご存知の方も多いと思いますが、これはイミダゾール系の抗真菌剤となります。イミダゾール系は治療効果も抜群、しかも副作用が少ないということで使いやすいのです。クリームタイプとローションと剤形がありますが、趾間型水虫などにはクリームが処方されるはずです。何しろ、趾間型はかゆみを伴う水虫なのでついつい掻き毟ってしまい、患部がグジュグジュのすごい状態となっているはずです。そこにローションタイプのケトコナゾールだと浸透性が高いので効果は抜群ですが、傷ついた皮膚に刺激が強すぎるからです。
ニゾラールクリームは通販することもできるので、水虫に悩んでいる人は通販サイトで治療薬を探してみる事をおすすめします。

他にも錠剤タイプもあり、いずれも成分は同じですが皮膚の状態や感染箇所によって使い分けされることとなります。細胞膜生合成を阻害するというメカニズムは同じなのでいずれの場所への感染であれ、強い味方となってくれることでしょう。

ケトコナゾールの成分は、様々な真菌に抗菌作用をもたらすことから水虫以外で処方されることもあります。同じく感染者の多い皮膚カンジダでも大活躍、その他にも有名な抗真菌薬としてテルビナフィン配合のラミシールもあるのですが、マラセチア・フルフルという真菌が関係する脂漏性皮膚炎にはケトコナゾールしか適応せず、こちらでも効果を発揮しているようです。

様々な病気の治療で処方されるケトコナゾール、感染箇所によって剤形が異なるだけでなく用法用量も違ってくるので注意しましょう。とりあえず大量に使用すれば早く治るとは言えず、むしろ患部への刺激が強くなりすぎて副作用が出てきてしまいます。特にクリームタイプは副作用が少ないことで知られているのですが、誤った使い方をしているのであればその限りではありません。

人によって体質も様々ですし、日によっては体調がすぐれないような時もあるでしょう。そうなると用法用量を守って使用していても副作用が出ることもあるのです。多少の刺激感はあるものの、外用薬タイプのものを使っていて強い刺激があったり赤くなる・じんましん・かゆみなどの症状が出てきたなら、すぐに使用を止めて医師や薬剤師に相談するようにしましょう。内服薬だと血管を通じて全身にめぐり、更に強い副作用の危険性も出てくるので定期的な血液検査を行いながら医師と二人三脚で進めて行くのが通常です。

正しく薬の利用を続けていれば治る病気です。数ヶ月から、感染箇所によっては1年ほどかかるものもあるとはいえ、ケトコナゾールの力は絶大です。根気良く治療を進めて行くこととしましょう。まずは白癬菌の動きを封じ、更には免疫力の力も借りながら体の中から菌を完全に追い出すのです。剤形はどのタイプが良いか、また、副作用が出た場合の対処法など教えてもらうためにも、ドラッグストアにも外用薬タイプは売られてはいるものの出来れば病院を受診して医師に相談することをおすすめします。何しろ、水虫に見えてそうではないという病気も様々あります。

記事一覧
水虫の原因菌【白癬菌】のメカニズム

水虫の原因菌を白癬菌と言います。皮膚糸状菌とも呼ばれる白癬菌、白癬菌属と小胞子菌属・表皮菌属に分類されます。その中でも白癬を起こす皮膚糸状菌は世界に40種類以上いると言われていますが40種類以上すべてが日本にも存在しているわけではなく、そのうちの10種類程度です。人だけでなく動物にも感染するため、犬...

2019年12月22日
水虫よさらば!水虫をうつさないための心掛け

人がたくさんいる場所であれば、白癬菌は必ずやいるものと思っておきましょう。公共の場での行動こそが水虫と接触するかどうかの分かれ目となってきます。特に素足であるくような共用施設は要注意、素足ではなく靴下を履いているとしても共用のスリッパから感染することもあるので、そういった施設に行った後は必ずよく足を...

2019年11月23日
糖尿病になると水虫に罹りやすくなる

日頃の食生活の不摂生などを原因として、糖尿病を発症する方が多くなっています。糖尿病患者は高血糖状態が持続されることとなります。そうなると白血球などの力が弱まるのですが、そこで関係するのがサイトカインという物質です。サイトカインは免疫系の調節という重要な役割を持っている大切なもの、それが不足するので免...

2019年10月24日